ポジャギ日和。

小さな小さな端切れをちくちく

今日ものんびり、ポジャギといっしょ。
京都へ◆ GW2015
IMG_4650.JPG

三日目のスタートは早朝6時半から開門している「清水寺」から。

7時半には着いてしまいました。まだお掃除中で、
清水の舞台の「掃除機かけ」なんて珍しいものまで見ましたよ。

連休も終わり、訪れる人の数も昨日とは大違い。
広い境内独り占め~~~な感じで、何とも贅沢な気分を
味わい、大きく深呼吸!パワー充電!


次に是非行きたかった「六波羅蜜寺」へ。

IMG_4651.JPG

こちらは決して大きい寺ではありませんが、
国宝十一面観音立像をはじめ、重文クラスの
仏像が沢山あります。

その中でも有名なのが、平清盛といえば必ずこれ!的な
鎌倉時代作の「平清盛坐像」。
と、もう一つ「空也上人像」。

運慶の四男康勝作。念仏を唱える空也上人の口から
針金でつながった6体の阿弥陀仏が出ているという
なんとも写実的な彫刻です。

写真ではなく是非実物を見たかったので
食い入るように見ちゃいました。
まるで今にも動き出しそう。

しっかし面白いですよ!知る人ぞ知るですが
おススメします!


次に歩いて「蓮華王院三十三間堂」へ。
ど迫力の千体千手観音像圧倒されながら
京都駅へ。まだ、10時!早起きって素晴らしい!

ここからバスで、今回旅の最大目的でもある
世界文化遺産苔寺こと「西芳寺」へ出発です。

途中太秦の「広隆寺」に寄り道。

IMG_4652.JPG

こちらでは国宝第一号「弥勒菩薩半跏思惟像」を拝観。

数ある弥勒様の中でもイッチ番だと思っております!
気品があって凛として、いう事無しの傑作です。

ずっと見ていたかったのですが予約時間があるので
またバスに揺られ目的地へ。

IMG_4573.JPG

苔の絨毯をひきつめたと形容される西芳寺は、
現在事前予約(往復はがきで)が必要で写経ののち納経し
お庭を拝見という手順になってます。

なんとも敷居の高いお寺です。

生まれて初めての写経なので大分緊張して臨みましたが
中々貴重な体験でした。
印刷された和紙の文字を筆でなぞるのですが
初めてなので中々感がつかめず、1時間ぐらいかかりました。

願い事と住所氏名を記入して納経します。

では憧れの苔庭を散策開始!

IMG_4576.JPG

IMG_4654.JPG

IMG_4653.JPG

御池をぐるっと回って小高い丘を登って降りて
30分ほどかかりましたでしょうか。

一面苔苔苔!本当に綺麗でした。

スティーブジョブズがお忍びで来って言うのも分かるわ。

これって梅雨の時期なんかに来たらもっと綺麗かもって。
写経はちょっと…だけど是非また季節を変えて
訪れてみたい美しさでした。

一つ気になると言えば…入場制限してるとは言え
団体様お一行〜なんかもいて。
もちょって制限してもいいんじゃないかしら?



そもそも今回の旅で御朱印を集めようと思ったきっかけが
こちらです。

FullSizeRender.jpg

めずらしい2ページ見開きの御朱印です!

ネットで検索したらこれが紹介されていたので
せっかくなら貰ってこようと思い立ったのですよ。

かっちょよい!!

お隣の「鈴虫寺」にも立ち寄り京都駅へ戻りました。

IMG_4657.JPG

帰りの新幹線まで時間があったので欲張って
「東寺」へ。

IMG_4656.JPG

まだ一度も行ったことがなかったのですが
行ってみてびっくり!

五重塔だけかと思いきや立派なデッカイ仏像が沢山!!

金堂御本尊の薬師如来坐像の台座には十二神将が配され、
左右の月光、日光菩薩と共に重文。

講堂の立体曼荼羅の麗しい帝釈天様にもやっとお会いできました。
一番のイケメン仏像と人気の高い国宝です。

こちらの不動明王も超有名!お不動様って言ったら
必ず紹介されるこれまた国宝です。

五重塔の初層内部が特別公開中だったので入ってみました。
何度も焼失し現在五代目だそうです。中は絢爛豪華。
須弥壇上に四体の如来像と八体の菩薩を心柱を大日如来に見立てて
配置してあります。

壁面や扉の内側には極彩色の文様が描かれていて装飾性の高い
内部になっています。

なんで今まで行かなかったのかとちょっと後悔。

時間ぎりぎりでも行って見て良かったわ〜〜


ともあれ、駆け足の二泊三日。美味しい物を食べるでもなく
可愛いお土産を買うでもなく、ひたすら寺巡りに精を出した
旅でございました。

一日平均25,000歩。歩いたな〜
「あんたはお遍路さんかい!」と自分で
突っ込みたくなりますが…

でもここち良い疲れです。明日から煩悩だらけの日常に戻るわけですが
また垢を落としに参ります。宜しくお願い致しますです。













 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 16:58 | comments(0) | - |
京都へ  GW2015
IMG_4499.JPG

二日目は緑の薫る古都京都へ。

今回は王道の東山近辺を回る事に。

FullSizeRender.jpg

まずは京都最古の禅寺「建仁寺」。

有名な国宝風神雷神図屏風は現在レプリカを
展示してあります。本物は今年の10月10日~11月23日まで
京都国立博物館にて展示があるそうです。

IMG_4633.JPG

京都には禅寺が多くありますがお庭な本当に綺麗ですね。

IMG_4634.JPG

もう何度も訪れたお寺なのですが…
今回の目的はこれ。御朱引帳!

京都編はここのが欲しかったのです。
成り行き上始める事にしましたが、やるなら徹底的に
やりたいじゃないですか〜

御朱印帳だってこだわりたい!

IMG_4644.JPG

そう!風神雷神様。他にも雲竜図版もあります。
お参り前に預けて書いていただくパターンもありましたが
目の前でさらさら書いていただく方が緊張感があって
良いですね。

もっと勉強していろんな朱印を集めてみたいです。


次にちょっと飛んで、一番好きな「銀閣寺(慈照寺)」へ。

IMG_4463.JPG

金閣寺とよく並んで紹介されますが私は断然
銀閣寺派です。

何度訪れてもいいですよ〜〜

IMG_4636.JPG

永観堂方面へ哲学の道を下って行きました。
上がって来るより楽に歩けますよ。

IMG_4635.JPG

連休最終日だったので人の数もだいぶ減ってきました。

IMG_4645.JPG

濃淡の美しい緑の山を下ると目的の永観堂。

IMG_4646.JPG

紅葉で有名な「永観堂」です。秋の赤いもみじも良いですが
青もみじも清らかで素敵です。

IMG_4647.JPG

ここでの目的はご本尊「見返り阿弥陀」。

1082年2月15日早朝、夜を徹して念仏修行に励む僧侶永観の前に
阿弥陀様が現れ、振り返りざまに「永観,遅し」と
おっしゃったとか。

そう、ご本尊は首を左に向け振り向いているのお姿なのですよ!
めずらしいですよね〜

正しく前に進みながらも後ろからついてくる者への励まし、
慈悲の心を表しているありがた〜〜い仏様なのです。


IMG_4648.JPG

南禅寺、青蓮院門跡、知恩院などに立ち寄り、
この日のお寺巡りは終わりです。

閉店まで間に合いそうでしたので
前から行ってみたかった「三条本家みすや針」へ。

IMG_4649.JPG

こちらの「限定待ち針」を二年ぐらい集めましたかね〜
もう5,6年昔ですが。

最近は職人さんが変わり販売回数も減ってハードルが
高くなってしまったので買ってませんが、一度は
行ってみたいと思っていたので、足を延ばしてみて
良かったです。可愛い店内でした!

明日はいよいよ人生初の写経にチャレンジです!
ドキドキ…







 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 15:03 | comments(0) | - |
奈良へ  GW2015
FullSizeRender.jpg

大きな仏像さんに会いたいーーー!

GW後半は奈良、京都へ二泊三日の一人旅。

圧倒され言葉を失うほどダイナミックな仏像のお姿を
拝んでまいりました。奈良は本当に久しぶりです。

まずは前回行けず、高校の修学旅行以来の
西ノ京「法隆寺」から。

IMG_4622.JPG

飛鳥時代日本最古の木造建築として知られる法隆寺。
全部まとめて世界遺産。国宝の宝庫。

たった30何年の時間の経過などでは変わるはずなく
昔のままの佇まいでした。

まだ連休という事もあり思いがけず参拝者も多くて
ビックリ。奈良なのに…

ご本尊は金堂釈迦三尊像(国宝、飛鳥時代)
なんかうるっと来ちゃいました。

IMG_4629.JPG

奈良で一番お会いしたかった「百済観音」。
その優美で凛とした美しさのは昔のままで
そこに立ってらっしゃいました。8頭身!
薬瓶を持つ手先まで美しい。感動!

607年建立。めっちゃ古い!想像を絶する
時間の流れですね。

お隣の「中宮寺」の国宝本尊菩薩半跏像
(如意輪観世音菩薩)綺麗はお顔を拝み、
「薬師寺」へ。

IMG_4623.JPG

こちらは697年に本尊開眼だそうです。
これまた古いですね〜

ご本尊は薬師三尊像(国宝、飛鳥時代)。

この日は大講堂前で年に一度の玄奘三蔵会大祭が
行なわれていて、御遺骨をお祀りいている伽藍前に
燈明が並べられていてとても幻想的でした。
暗くなって訪れたら火が灯され
キレイだっただろうな〜


斑鳩の里に別れを告げ、奈良駅方向へ移動。

まずは鑑真和上ゆかりの「唐招提寺」から。

759年創建です。

IMG_4624.JPG

金堂をはじめ講堂、鼓楼、宝蔵、経蔵が国宝指定という
境内を玉砂利をじゃりじゃり踏みしめ散策すると
なんだか心が落ち着きます。

前回来た時には修繕中で見れなかった金堂の千手観音も
今回はきっちり拝ましていただきました。
お手手が多くで本当にすごかった!本当に1000本手が
ある仏像は日本には他一か所だけだそうです。

鑑真さんの故郷揚州の花「けい花」が満開で
お庭が特別公開されていました。


つづきまして、奈良といえば…そう!「東大寺」

IMG_4627.JPG

煎餅に群がる鹿たちをかき分けずんずんと進むと
あまりにも有名な大仏殿が!

FullSizeRender.jpg

見上げれば首が痛くなるほど大きい大仏様が〜〜
こちらは写真OKなのでバンバン撮らせていただきましたよん。

FullSizeRender.jpg

752年、聖武天皇の発願により創建された
東大寺のご本尊盧舎那仏の「大仏開眼」は
小説やドラマ、映画やらでよく取り上げられる
エピソードなので、拝んでいるとなんか
身近な感じがしますね。

IMG_4630.JPG

大仏殿の「柱の穴」をくぐる子供たちの長蛇の列が
続いていましたよ。邪気を払い無病息災のご利益が
あるそうです。

IMG_4625.JPG

これまた行きたかった大好きな「二月堂」へ。

IMG_4626.JPG

急な階段を上がったお堂から見下ろす景色と
さわやかな5月の風がなんとも爽快です!

IMG_4379.JPG

IMG_4632.JPG

二月に続き三月、四月とお堂を巡り、
創建以来最古の建物の「法華堂」で
ご本尊「不空羂索観音立像」(むずっ!)と
10体の国宝仏像の堂々たるお姿を拝見。

本当に奈良は国宝仏像の宝庫。
国宝、重文以外なんてあるのかしら?

なんかもう圧倒されて…
それに奈良の仏像はなんと言ってもでかい!!
でもって力強いのです。ゆったり優美な斑鳩の
それとは違い勢いと迫力があるというか。

歴史的な背景にも起因しているのでしょうが
難しいことは分からないので
ただただ拝んでパワーをいただきました。

この日はここで力尽き、残った「興福寺」は翌日に
訪ねる事に。

IMG_4628.JPG

で、翌日…

興福寺もまた国宝仏像の宝庫ですね。
現在は国宝館に綺麗に安置されています。

あの有名な「阿修羅像」もここで拝めます。
時間のない方は罰当たりですがここだけでも
見るべし!です。


朝一、急ぎ足で興福寺を後にし京都へ移動です。

どんだけ駆け足で回ったのか、こうブログに整理していても
これだけの仏像を本当に見たのか?実感がわかないのが
正直なところ(笑)

欲張りだよな〜〜もっと余裕持って回ればよかったな〜

また行こう!!



おまけ♪

IMG_4643.JPG
法隆寺から始めたかったのよね〜
*仏教徒ではありません。
*流行りに乗ったつもりはありません。




 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 11:02 | comments(0) | - |
お初です〜九州! 長崎編
IMG_4080.JPG

旅の最終日は長崎大浦天主堂から。

江戸時代鎖国政策の中唯一幕府公認の国際都市として
開けた長崎は異国情緒たっぷり。

ヨーロッパや中国からの影響を受けた名所が沢山ありました。

行きたい所ばかりでしたが、3時までの滞在なので
外国人居留地跡を中心に回る事に。

まずはあまりにも有名なグラバー園から。
連れの2人が昔来た当時にはグラバー邸しかなかったそうですが
現在はリンガー邸、オルト邸などが移築され、綺麗に整備されて
まるで公園みたいでした。

坂の上にあるので敷地内にはエスカレーターまであります。

IMG_4120.JPG

グラバー夫妻です。夫人は日本の方ですね。
マダムバタフライのモデルという説もありますが
こちらは終生共に幸せに暮らされたようです。

IMG_4117.JPG

IMG_4112.JPG

IMG_4119.JPG

こういうポーチのある家って憧れました。

FullSizeRender.jpg

今でも住めそうに綺麗に保存されていますね〜

IMG_4110.JPG

三菱の造船場が見下ろせます。

坂が多いのでグラバーさんは専用の道を整備し
人力車で上っていたようです。
使用人も沢山いたらしいです。優遇されていたんですね。


お昼は長崎ちゃんぽん発祥の店四海楼へ。

IMG_4233.JPG

あっさりして美味しくいただきました。ちゃんぽんが
ぬるかったと連れがお店の方にアピールすると代金は0で
おみやまでいただき、なんかかえって恐縮してしまいました。

流石老舗の対応です。

午後はオランダ坂から唐人町へ。

IMG_4143.JPG

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

IMG_4234.JPG

道1本手前で曲がってしまい逆から回ったらしく
坂を上がったり下ったりときつかった〜

当時の建物が4軒残っています。

この時分になりやっと晴れ間が。
3日間の雨空がうそのような晴天で暑い暑い。

最後は今年10月に全体的な修復が終わるという
出島へ。

江戸時代、唯一だった海の玄関も今は陸の中。
現在7棟の建物が復元されてます。

外をぐるっと一回りして、その名残を一番残している
外堀から一望してみました。


FullSizeRender.jpg

IMG_4167.JPG

FullSizeRender.jpg

IMG_4175.JPG

IMG_4169.JPG

IMG_4177.JPG

想像よりはるかに狭いエリアでびっくりです。
ここから全国に渡って行った南蛮渡来の品々は
さぞかし貴重だったのでしょうね。

当時が偲ばれます。

IMG_4176.JPG



これで4日間にわたった初めての九州旅行も終わりです。

最近旅行と言えば韓国ばかりでしたが
国内はいいですね。言葉も食べ物もサービスも
慣れている安心感。疲れも半分です。

まだまだ行ったことのない場所がいっぱいあるので
機会があったらまた国内旅行に出てみたいです。

長い日記ブログにお付き合いいただいありがとうございました!!






 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 20:12 | comments(0) | - |
お初です〜九州! 熊本編
IMG_3945.JPG

九州3日目は戦国武将加藤清正築城の熊本城から。

8時半開門と同時に入りました。

FullSizeRender.jpg

「熊本城おもてなし武将隊」加藤清正と娘の八十姫が
開門口上。粋ですね。
因みにこの方々の追っかけもいるそうですよ。

別名銀杏城とも呼ばれる熊本城は3重地上6階地下1階の
作りでとっても大きく敷地も広大です。山ひとつお城な
感じです。

では写真で巡ってみましょう。


FullSizeRender.jpg

古い石垣と新しい石垣が隣り合っているが珍しい
二様の石垣。熊本城といえば難攻不落。この石垣は
とっても登れたもんじゃないでしょう。



IMG_4225.JPG

IMG_3958.JPG

天守から見下ろす景色。高い!

特別公開中の七間櫓。武器などをしまっておいたそう。

FullSizeRender.jpg

IMG_3984.JPG

IMG_4226.JPG

本丸御殿です。屏風絵など復刻版ですが豪華ですね〜
当時が偲ばれます。

IMG_4196.JPG

IMG_4189.JPG

IMG_3966.JPG

築城当時から残る宇土櫓。地下1階地上5階の
天守閣にも匹敵する大きさです。

IMG_4227.JPG

FullSizeRender.jpg

大小二つの天守を持つのもこの城の珍しいところ。

時代劇でお馴染みの加藤清正は秀吉の朝鮮出兵や
虎退治で韓国でもある意味有名人です。

歴史上の人物の足跡をたどるのはその時代に思いをはせながら
ちょっと疑似体験した気分になれるので楽しいですね。



この日は長崎泊なので急いで島原半島へ。

フェリーで行けば30分で着きます。因みに陸路だと
2時間かかるそうです。

島原は水の都。水屋敷と呼ばれる家屋を何軒かまわりました。

IMG_4025.JPG

FullSizeRender.jpg

IMG_4029.JPG

名物かんざらし。白玉をシロップに浮かべたもの。
すっきりした甘さで美味しかった。

IMG_4228.JPG

町のいたるところで水が湧き、水路がめぐらされています。
まるで水の上に建物が立っている感じでした。

お昼はこれまた名物の具雑煮。

IMG_4229.JPG

昔島原の乱で天草四郎を総大将とした一揆軍が、
籠城の際、これで飢えを凌いだのが始まりだとか。
海の幸山の幸ミックスでお腹いっぱい!

腹ごしらえが出来たところで、有明海沿いに車を走らせ
最終目的地長崎目指して出発です。




長崎到着後お世話になったレンタカーを返却し
これからは坂の街を路面電車と足で巡りますよ〜

☆子さん本当にご苦労様でした!あなたがいなかったら
出来なかった旅ですよ。感謝してます!

夕飯まで時間があったので何カ所か回ろうという事で
まずは中華街で豚角煮マンをかじって眼鏡橋へ。

IMG_4044.JPG

IMG_4049.JPG

雨が降っていい感じに水嵩も増えてまん丸メガネが
良く見えました。

河沿いで見つけた「菊一文字」本店で握り鋏購入!
何本あっても欲しくなってしまう〜〜

切れ味抜群で錆びない鋼だそうです。

IMG_4230.JPG

ぶらぶら散歩でちょうどお腹が空きました。
夕飯はMさんおススメの吉宗の茶碗蒸しとちらしに
決定!

IMG_4232.JPG

まるでなめらかプリンのような茶碗蒸しが丼ぶりで
出てきましたよ!卓袱料理もいただける吉宗は
地元でも有名なお店のようです。

ところ変わればいろんなお料理があるんですね〜
名物といわれるものは一応チャレンジすべしです。

FullSizeRender.jpg

IMG_4072.JPG

IMG_4077.JPG

FullSizeRender.jpg

腹ごなしに円山町、思案橋あたりを歩いてホテルへ。
タイムスリップしたかのような一角ですね。

この日も充実した一日でした。長旅でした。

おやすみなさ〜〜い。








 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 17:38 | comments(0) | - |
お初です〜九州! 高千穂編
FullSizeRender.jpg

旅の最大の目的ー高千穂にどうしても行きたい〜!

九州旅行二日目は昔から行ってみたかった高千穂へ。
生憎の雨でしたが一緒に行った☆子さん運転のレンタカーで
宮崎県高千穂峡まで4時間のドライブです。

本当にお疲れ様でした!

スコールのような雨で途中雨合羽を買い
ずぶぬれ覚悟で行ったのですが
なんと!着いたとたんに雨が止み暑くもなく寒くもなく
たっぷりのマイナスイオンを浴びながら散策する事が
できました。神様からのご褒美でした。感謝感謝。

FullSizeRender.jpg

高千穂大橋近くで車を降り、徒歩で渓谷を上ったり下ったり。
写真でしか見たことのなかった風景が眼下に。感動です!

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

IMG_3866.JPG

FullSizeRender.jpg

ボートにも乗りたかったのですが体力と制限時間に
自信がなく断念。女の細腕??には手漕ぎはきついわ。

次に訪れたのは天岩戸神社西本宮。古事記や日本書紀にも
書かれている天照大御神がお隠れになった天岩戸と呼ばれる
洞窟をご神体としています。正に神話の世界ですね。

IMG_3873.JPG

IMG_3875.JPG

IMG_3876.JPG

この本殿の真裏の川向こうにその洞窟があります。
社務所で申し込むと見せていただけるという事なので
行ってみました。

残念ながら撮影は禁止なのでお見せできませんが。

本殿右手入り口前でお祓いをしてもらって宮司さんの案内で
拝みに行きます。

この時期木々がうっそうとしてしまい、洞窟の入り口も
見えませんでしたが、「大体あそこえれへんです」と言う
説明にすら身が引きします思い。古に思いをはせます。

社殿外に出て真っ直ぐ進むともう一つのお目当て
天安河原へ。

IMG_3883.JPG

川沿いに10分ほど行くと大きな祠が見えてきます。

IMG_3889.JPG

IMG_3895.JPG

九州一のパワースポット!なんか吸い込まれそうです。

IMG_3898.JPG

IMG_3900.JPG

神様たちがここで国づくりを相談したと言う
神話の舞台です。

感激!良い気を沢山も貰いました。きっと。

この日の宿は熊本にとりました。
☆子さん運転でまたまたスコールの中、目指せ
火の国熊本!

ホテルでチェックインを済ませて
美味しい焼肉!!(これも旅の目的です)を食べに
アーケード街へ。

FullSizeRender.jpg

全く下調べなし、ガイドマップ片手に、自分の勘だけを頼りに!
入ったのがここ。「牛一頭買い」これは間違いない!

焼肉孫三郎さん。

FullSizeRender.jpg

ここが大当たりでした。今回の旅で一番おいしい夕食と
なりました。

IMG_4190.JPG

IMG_4182.JPG

一頭買いをうたっているだけあっていろんな部位が食べられます。
丁寧に説明いてくれる店員さんもいい感じ。

IMG_3917.JPG

どど〜ん!このサーロインは絶品!全くくせが無く柔らかい。
これだけで東京なら1万円?

IMG_4224.JPG

せっかくだからお馬ちゃんにもチャレンジ。

IMG_3913.JPG

馬刺しです。なんかかわいそうだけど
美味しかった。特に脂身の甘い事といったら驚きです。

他にも名物の辛子蓮根を手作りでだしてくれました。
まろやかな辛さで美味しかった。」

熊本に二軒。東京進出は無いとの事。残念です。
ここだけのためにもう一度来たいね!と盛り上がりましたよ〜

他にも飲んで飲んで食べて一人6千円しないなんて!
東京じゃ考えられない!

ビバ熊本!ビバ孫三郎!!


IMG_3927.JPG


IMG_3926.JPG

IMG_3929.JPG

ほろ酔い気分で熊本城のお堀沿いを散歩しながら
宿に帰りこの日はバタンキュー♪

 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 15:17 | comments(0) | - |
お初です〜九州! 福岡編
FullSizeRender.jpg

この季節いつもなら韓国仕入れの旅に…なのですが
先月行ったばかりなので、今回の連休は国内旅行と
なりました。

女3人ぶらり旅。初めての九州上陸です。

よろしかったら最後までお付き合いくださいね。

これまた初めてのスカイマークで福岡空港まで2時間。
お昼の到着だったので
まずは博多駅で腹ごしらえです。

IMG_3789.JPG

こちらではポピュラーだそうです。名物「ごぼ天うどん」。
名のごとく牛蒡の天ぷらがのっています。
だしは飛魚。うどんは柔らか目。東京のたぬきうどん的な
ポジションでしょうか?色目からくるイメージと違って
しょっぱかった〜〜

IMG_3790.JPG

ねぎ(辛くない)をタップリのせていただきました。

IMG_4221.JPG


天神駅に移動して旅人号で目指すは太宰府天満宮。

天神様の総本山。学問の神様菅原道真公をお祀りしてます。

IMG_3802.JPG

平日にもかかわらず混んでましたね。中国、韓国からの
観光客も沢山来てました。

IMG_3810.JPG

願うことが多くてお賽銭足りなかったかな〜

IMG_3809.JPG

こちらが有名なご神木の飛梅です。京都から太宰府に流された
道真公を偲んで飛んできたそうな。時期が過ぎていたのが
残念でしたが、境内には沢山の木が植えられていて
落ち着いた佇まいでした。

IMG_3808.JPG

桜はぎりぎり間に合いました。

帰りは勿論名物梅枝餅です。
ぶらり食い倒れの旅でもありますので外せません。

IMG_4222.JPG

参道には元祖やら本店やら何軒ものお店があり
焼き立てを売ってました。

三軒で一枚ずつ買って食べ比べてみましたが
あんこの味やら皮の硬さやら微妙に店によって違う気が
しますが、結論から言って「焼き立ては美味しい!!」と
いうことですね(笑)

大正ロマン漂う喫茶店でコーヒー飲んで
天神へ戻ります。

博多と天神。何度説明されてもピンとこなかったのですが
行ってみてわかりました。呼び名の違いだけでなく
天神のほうが街に活気がありますね。博多は古い呼び名。
落ち着いた感じの街。

で、旅の目的その機もつ鍋を食べる。

選んだ店はもつ鍋発祥の店として有名な「楽天地」。
人に聞いても検索しても必ず勧められるので決めました。

IMG_3818.JPG

アケードを進み路地の奥にありました。5階建ての
狭いおんぼろビル。1階から5階までみんな楽天地!

FullSizeRender.jpg

2階の座敷に通され早速注文。

IMG_4223.JPG

こちらの特徴はにらが山盛りで出てくる事。
決してお上品な感じではありませんが味は絶品。

キャベツとにらがしんなりしたらモツを入れて
できあがり。モツは硬くなるからかあとから入れます。

〆はちゃんぽん麺。韓国のタッカンマリみたいねと
言いながら、あっという間に完食!

美味しかった!!

博多のビジネスホテルに戻り、一日目終了。
因みにホテル代は安い!1泊5千円クラス。

韓国のなら8千円はするかな?やはりサービスなど
日本はいいわね〜




 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 14:19 | comments(0) | - |
熱海で紅葉狩り


友人5人で熱海に行ってきました。ちょうど紅葉の真っ盛りでとても
綺麗でしたよ!


冬の太平洋は本当に穏やかですね〜気持ちよかったです。


行きのドライブインでいただいた「かさごのから揚げ」です。頭から
骨ごとバリバリ!顔は怖いけど美味でしたよ。名物だそうです。

泊まりは旅行業者のための保養所だったので宿良し、お湯良し、食事良し。
100点満点の満足感でした。韓国旅行もいいけど、日本の「おもてなしの心」はさすがですね!贅沢な気分にさせていただきました。


2日目に訪れた「熱海梅園」の中になぜか韓国式庭園が?ありました。

なんでも戦前日本に留学した韓国初の女性パイロットが操縦中に
熱海の山中に落ちてしまったそうです。まだ30代の若さだったそうで
地元の人々が手厚く葬ったそうです(知らなかった!)

その事と日韓友好を祈願して建てられたのがこの庭園らしいです。
キム デジュン元大統領による記念碑も建ってましたよ。



「梅園」なので紅葉も良いけど、来年は是非梅の季節に来たい〜〜!と
意見が一致しましたが、なんせ忙しい人ばかりなのでどうなりますか?
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 11:45 | comments(4) | - |
宇治へ


旅も最終日。ちょっと足をのばし、宇治へ行きました。



平等院、鳳凰堂。感激!一度、見たかったのよ。


10円玉のあれですよ!図柄のように見えるポジションはなく、
これが目一杯、正面に近いアングルです。へ〜、そうなんだ。


お庭も綺麗でした。

「極楽浄土なのだわ〜」と優雅な気分に。1052年創建で勿論世界遺産。
阿弥陀如来−国宝を安置する阿弥陀堂もまた国宝。梵鐘、鳳凰一対、
雲中供養菩薩像52対などなど、国宝尽くしの見ごたえ十分なありがたい
所でございました。

京都には、応仁の乱以前の建築物はこの平等院とあと一つしかないと
聞いた事があります。その一つを見ているんだと思っただけで、
歴史好きな私には鳥肌モノでした。ハイ。



宇治といえば、もう一つお茶で有名です。

お昼は宇治茶の老舗、丸に十字の中村籐吉郎本店が営んでいるカフェで
宇治川を眺めながらいただく事に。


  民家を一軒丸ごと改築した店内−オリジナル小物が可愛い


  茶そばセット


  ボリュームたっぷり!抹茶ゼリーパフェ

もちっとゆっくりしたかったのですが、時間が押してきたので急いで
駅方面へ戻り、旅の大きな目的の一つ、「青土」さんへ。

麻を専門に卸しているお店です。
「麻」でパソコン検索しているときに見つけたのですが、是非行こうと
決めていました。

hpを開いたところ、ポジャギコーナーがありました。お〜、感動!

麻は勿論ですが、今回の目的はピーニャ。
フィリピンなどで織られているパイナップル繊維で織られた超〜薄い布
です。無地の物や草木染が施されているもがありました。



密かに注目していました。ハギレが手に入るようなので行く前に電話で
取り置いていただきました。ハギレだと半額です。すべてグラム売り。

苧麻の裁ち落としもありましたが、ぐっと我慢して今回はピーニャの
ハギレと五倍子染めを1mいただきました。



勿論、ポジャギにするつもりですが、どうなりますか。
絹に近いほど薄いので糸はどうするかな〜。うふっ、楽しみです。

基本的に電話での注文は出来ないそうです。直接見て納得して買っていただきたいと言うこだわりだそうです。なのでお近くにお出かけの際は是非に。
オススメです。

旅の締めくくりは、娘が絶対外せないというので、伏見稲荷神社へ。


  ここもサスペンスドラマでお馴染みの所



山一つ、至る所に鳥居のトンネルがあるのにはビックリです。
正に千本鳥居。
でもお稲荷さんには明るい内に行くのがいいですね。日が翳りだして
いたのでちょっと怖かったです。

京都はもうそこまで冬が来ている感じでした。紅葉は来週いっぱいで
しょうか。今度は桜のベストシーズンに行きたい〜!!




| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 21:55 | comments(0) | - |
嵐山へ

紅葉の京都、二日目は清水寺から南禅寺方面への散策から。

お馴染みの清水の舞台です。お約束の修学旅行生がいっぱいいました。




「絶景かな、絶景かな!」で有名な南禅寺大門から




「必ず犯人はここで罪を告白する」水道橋




市内は午前中駆け足でまわり、いざ嵐山、嵯峨野へ。

阪急電鉄嵐山駅から中ノ島を渡って...


渡月橋も渡って...


目指すは、湯豆腐「嵯峨野」。ソッチかい!




15年ぶりです。ここの全てが美味しいのです。湯豆腐は勿論ですが、
ゴマ豆腐もざらざら感が少し残っているのが私好み。デザートの甘い
豆腐も絶品!なので、混んでました。少しお昼過ぎていたので、それでも
か〜るく10人は並んでました。


食後は天龍寺へ。



ここも、有名ですね。嵯峨野の竹林。大河内山荘は時間がないのでパス。



筏下りの学生さん、初々しかったです。


渡月橋たもとにある茶店で元祖桜餅に疲れも癒され...

ここのは桜の葉に包まれている餅の中には餡が入ってません。地元の方に
人気があるそうです。関東のとは大分違いますね。

二泊目は天然温泉付の宿「渡月亭」。さすがに足がパンパン!歩いた〜!


 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 20:44 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ