ポジャギ日和。

小さな小さな端切れをちくちく

今日ものんびり、ポジャギといっしょ。
<< お初です〜九州! 熊本編 | main | 今年も千葉で >>
お初です〜九州! 長崎編
IMG_4080.JPG

旅の最終日は長崎大浦天主堂から。

江戸時代鎖国政策の中唯一幕府公認の国際都市として
開けた長崎は異国情緒たっぷり。

ヨーロッパや中国からの影響を受けた名所が沢山ありました。

行きたい所ばかりでしたが、3時までの滞在なので
外国人居留地跡を中心に回る事に。

まずはあまりにも有名なグラバー園から。
連れの2人が昔来た当時にはグラバー邸しかなかったそうですが
現在はリンガー邸、オルト邸などが移築され、綺麗に整備されて
まるで公園みたいでした。

坂の上にあるので敷地内にはエスカレーターまであります。

IMG_4120.JPG

グラバー夫妻です。夫人は日本の方ですね。
マダムバタフライのモデルという説もありますが
こちらは終生共に幸せに暮らされたようです。

IMG_4117.JPG

IMG_4112.JPG

IMG_4119.JPG

こういうポーチのある家って憧れました。

FullSizeRender.jpg

今でも住めそうに綺麗に保存されていますね〜

IMG_4110.JPG

三菱の造船場が見下ろせます。

坂が多いのでグラバーさんは専用の道を整備し
人力車で上っていたようです。
使用人も沢山いたらしいです。優遇されていたんですね。


お昼は長崎ちゃんぽん発祥の店四海楼へ。

IMG_4233.JPG

あっさりして美味しくいただきました。ちゃんぽんが
ぬるかったと連れがお店の方にアピールすると代金は0で
おみやまでいただき、なんかかえって恐縮してしまいました。

流石老舗の対応です。

午後はオランダ坂から唐人町へ。

IMG_4143.JPG

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

IMG_4234.JPG

道1本手前で曲がってしまい逆から回ったらしく
坂を上がったり下ったりときつかった〜

当時の建物が4軒残っています。

この時分になりやっと晴れ間が。
3日間の雨空がうそのような晴天で暑い暑い。

最後は今年10月に全体的な修復が終わるという
出島へ。

江戸時代、唯一だった海の玄関も今は陸の中。
現在7棟の建物が復元されてます。

外をぐるっと一回りして、その名残を一番残している
外堀から一望してみました。


FullSizeRender.jpg

IMG_4167.JPG

FullSizeRender.jpg

IMG_4175.JPG

IMG_4169.JPG

IMG_4177.JPG

想像よりはるかに狭いエリアでびっくりです。
ここから全国に渡って行った南蛮渡来の品々は
さぞかし貴重だったのでしょうね。

当時が偲ばれます。

IMG_4176.JPG



これで4日間にわたった初めての九州旅行も終わりです。

最近旅行と言えば韓国ばかりでしたが
国内はいいですね。言葉も食べ物もサービスも
慣れている安心感。疲れも半分です。

まだまだ行ったことのない場所がいっぱいあるので
機会があったらまた国内旅行に出てみたいです。

長い日記ブログにお付き合いいただいありがとうございました!!






 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 20:12 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ