ポジャギ日和。

小さな小さな端切れをちくちく

今日ものんびり、ポジャギといっしょ。
<< 京都へ  GW2015 | main | 初夏の南全羅道2人旅 >>
京都へ◆ GW2015
IMG_4650.JPG

三日目のスタートは早朝6時半から開門している「清水寺」から。

7時半には着いてしまいました。まだお掃除中で、
清水の舞台の「掃除機かけ」なんて珍しいものまで見ましたよ。

連休も終わり、訪れる人の数も昨日とは大違い。
広い境内独り占め~~~な感じで、何とも贅沢な気分を
味わい、大きく深呼吸!パワー充電!


次に是非行きたかった「六波羅蜜寺」へ。

IMG_4651.JPG

こちらは決して大きい寺ではありませんが、
国宝十一面観音立像をはじめ、重文クラスの
仏像が沢山あります。

その中でも有名なのが、平清盛といえば必ずこれ!的な
鎌倉時代作の「平清盛坐像」。
と、もう一つ「空也上人像」。

運慶の四男康勝作。念仏を唱える空也上人の口から
針金でつながった6体の阿弥陀仏が出ているという
なんとも写実的な彫刻です。

写真ではなく是非実物を見たかったので
食い入るように見ちゃいました。
まるで今にも動き出しそう。

しっかし面白いですよ!知る人ぞ知るですが
おススメします!


次に歩いて「蓮華王院三十三間堂」へ。
ど迫力の千体千手観音像圧倒されながら
京都駅へ。まだ、10時!早起きって素晴らしい!

ここからバスで、今回旅の最大目的でもある
世界文化遺産苔寺こと「西芳寺」へ出発です。

途中太秦の「広隆寺」に寄り道。

IMG_4652.JPG

こちらでは国宝第一号「弥勒菩薩半跏思惟像」を拝観。

数ある弥勒様の中でもイッチ番だと思っております!
気品があって凛として、いう事無しの傑作です。

ずっと見ていたかったのですが予約時間があるので
またバスに揺られ目的地へ。

IMG_4573.JPG

苔の絨毯をひきつめたと形容される西芳寺は、
現在事前予約(往復はがきで)が必要で写経ののち納経し
お庭を拝見という手順になってます。

なんとも敷居の高いお寺です。

生まれて初めての写経なので大分緊張して臨みましたが
中々貴重な体験でした。
印刷された和紙の文字を筆でなぞるのですが
初めてなので中々感がつかめず、1時間ぐらいかかりました。

願い事と住所氏名を記入して納経します。

では憧れの苔庭を散策開始!

IMG_4576.JPG

IMG_4654.JPG

IMG_4653.JPG

御池をぐるっと回って小高い丘を登って降りて
30分ほどかかりましたでしょうか。

一面苔苔苔!本当に綺麗でした。

スティーブジョブズがお忍びで来って言うのも分かるわ。

これって梅雨の時期なんかに来たらもっと綺麗かもって。
写経はちょっと…だけど是非また季節を変えて
訪れてみたい美しさでした。

一つ気になると言えば…入場制限してるとは言え
団体様お一行〜なんかもいて。
もちょって制限してもいいんじゃないかしら?



そもそも今回の旅で御朱印を集めようと思ったきっかけが
こちらです。

FullSizeRender.jpg

めずらしい2ページ見開きの御朱印です!

ネットで検索したらこれが紹介されていたので
せっかくなら貰ってこようと思い立ったのですよ。

かっちょよい!!

お隣の「鈴虫寺」にも立ち寄り京都駅へ戻りました。

IMG_4657.JPG

帰りの新幹線まで時間があったので欲張って
「東寺」へ。

IMG_4656.JPG

まだ一度も行ったことがなかったのですが
行ってみてびっくり!

五重塔だけかと思いきや立派なデッカイ仏像が沢山!!

金堂御本尊の薬師如来坐像の台座には十二神将が配され、
左右の月光、日光菩薩と共に重文。

講堂の立体曼荼羅の麗しい帝釈天様にもやっとお会いできました。
一番のイケメン仏像と人気の高い国宝です。

こちらの不動明王も超有名!お不動様って言ったら
必ず紹介されるこれまた国宝です。

五重塔の初層内部が特別公開中だったので入ってみました。
何度も焼失し現在五代目だそうです。中は絢爛豪華。
須弥壇上に四体の如来像と八体の菩薩を心柱を大日如来に見立てて
配置してあります。

壁面や扉の内側には極彩色の文様が描かれていて装飾性の高い
内部になっています。

なんで今まで行かなかったのかとちょっと後悔。

時間ぎりぎりでも行って見て良かったわ〜〜


ともあれ、駆け足の二泊三日。美味しい物を食べるでもなく
可愛いお土産を買うでもなく、ひたすら寺巡りに精を出した
旅でございました。

一日平均25,000歩。歩いたな〜
「あんたはお遍路さんかい!」と自分で
突っ込みたくなりますが…

でもここち良い疲れです。明日から煩悩だらけの日常に戻るわけですが
また垢を落としに参ります。宜しくお願い致しますです。













 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | | 16:58 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ