ポジャギ日和。

小さな小さな端切れをちくちく

今日ものんびり、ポジャギといっしょ。
<< 初夏の南全羅道2人旅 | main | 初夏の南全羅道2人旅 >>
初夏の南全羅道2人旅
IMG_4913.JPG

観光マップを参考に次に向かったのは
「楽安(ナガン)ウプソン民俗村」。

順天まで行く途中、もう1か所寄ろうという事で
決めました。行きたいお寺があったのですが
往復3時間はかかる計算。諦めました。

ちょうど電車の時間が合ったので飛び乗りました。
東西のルートは本当に不便な韓国なのです。
運が良かったわ。

IMG_5148.JPG

宝城駅から順天までの途中、5駅目筏橋ーポルギョ駅で降り
タクシーで20分くらいだったでしょうか。

IMG_4873.JPG

この民俗村は昔ながらの村の形が残る城郭都市で伝統的な生活の
香りが感じられるマウル(村)です。

IMG_4874.JPG

IMG_5152.JPG

村の楽安という呼び名は古く高麗時代(940年)にまで
さかのぼります。城郭は朝鮮時代1367年楽安出身
水軍キムビンギル将軍が土嚢を盛って敵の侵入を
防いだことに始まり、1626年にオムギョンオプ将軍によって
城郭が築かれました。

現存する城郭村の中でも、もっとも良く当時のまま原型を
とどめていて保存状態のすぐれた家屋がそのまま残る
史跡となっています。

IMG_5149.JPG

この日は国楽の「カヤグムピョンチャン(琴を打ちながら歌う)
全国大会」が開かれていました。
伝統衣装のに身を包んだ腕自慢のど自慢の美女達が
美声を披露していてしばし聞き入ってしまいました。

IMG_4885.JPG

お代官様屋敷の庭にはお馴染みのマネキンが…
子供たちが竹の棒でお尻をペシペシ(笑)
いたずらっ子はどこも同じね~

IMG_4889.JPG

IMG_5154.JPG

マウルを城壁が綺麗に囲っていて、歩いてぐるっと一周できます。
登ると村の風景を一望でき、見晴らしは最高!

IMG_4957.JPG

本当にのどかです。

IMG_4972.JPG

IMG_4961.JPG

土曜日だったのでとにかく観光客が沢山。地元は勿論
海外の方々も団体で訪れていましたね。

全羅道的に今一押しの観光スポットな訳ですね。

しっかし暑かった〜〜黄土の地面は照り返しが強く
日を遮るものがないのよね…
全羅道は人も風景もの〜んびりしていて
暮らしやすそうな田舎が多いわ。

お米も取れて海の幸山の幸が豊富な特徴が
人に余裕を持たすのかしら?

気持ちも癒される感じでした。

 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | 韓国 | 13:30 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ