ポジャギ日和。

小さな小さな端切れをちくちく

今日ものんびり、ポジャギといっしょ。
<< 初夏の南全羅道2人旅 | main | 初夏の南全羅道2人旅 >>
初夏の南全羅道2人旅
IMG_5020.JPG

さてさて南全羅道の旅2日目の最後は順天。

楽安民俗村からは市街バスを利用。着いたのは4時。

日もかげり始め、光州まで帰ることを考えると滞在は
2時間くらい?かと計算し、観光案内所で相談すると
勧められたのが「順天湾庭園」。

タクシーに乗り行先を告げるとアジョシ曰く
「そんな人工的な所ではなく、絶対ここに行くべき!」
と押し切られて連れて行かれたのが
「順天湾自然生態公園」。

慣れない場所で暗くなってからの移動は不安でしたが
どうにかなるだろう、最終バスで帰ればいいや!なんて
大げさに考えて行く事にしました。

これが大正解でした。

行って良かった!!素晴らしい景色でした。

韓国の人は季節を変えて何度でも訪れるそうです。

IMG_4977.JPG

IMG_5150.JPG

河川の真水と湾に流れ込む海水が交わり
湾は干潟をなし、一面に広がる広大な芦野畑には
ムツゴロウや珍しいカニなども生息していて
正に自然の宝庫。

IMG_4997.JPG

展望台目指して老若男女沢山の人たちが列を成して
歩いていました。

展望台ってどこに?どこまで行けばパンフレットにある
あの風景が見られるの〜〜〜?

ひたすら葦畑を歩くこと40分(気分的には2時間)。

目の前に小高い山がそびえます。

えーーーーーー!これ登るのーーー?

もういいや!ここまで来たんだから登ろうじゃないの!

子供だって車いすだって行ってるんだから、私たちも
大丈夫よ。運動靴だってはいてるんだから…と
励まし合いながら往復40分の道をトイレもない道を
行きました。

この3日間の経験で、40分は私たちにはその3倍は
かかる事を覚悟して。目指せ展望台!

IMG_5151.JPG

登る毎にパンフに近い風景が眼下に。

日も徐々に暮れてきていい感じです。
風が冷たく感じられてきて気持ちいい!!

IMG_5001.JPG

途中に大小の見晴らし台が設けられていて休みながら
登って行けます。

IMG_5012.JPG

乳母車押して登って行く若いお父さんの姿が微笑ましかった。
すごいパワーだわよ。そこまでしてみたい風景って?

IMG_5017.JPG

IMG_5018.JPG

IMG_5019.JPG

じゃじゃん〜〜!到着です!

これが頂上からの風景です。

葦畑が海水に伸縮されて丸くなっています。
なんとも不思議な景観です。

珊瑚草の赤がアクセントになり綺麗な風景に
花を添えてます。

夕日も今からがピーク。それを狙ってカメラマンたちが
ポジションに付きます。

ずーっと眺めていたい絶景でした。大自然を満喫。


さすがに今日中に帰れなくなっては大変なので、泣く泣く下山。

FullSizeRender.jpg


♪行きはよいよい帰りはナントか♪

案の定、光州行のバスに乗ったのは20時でありました。















 
| ポジャギナビ 金 仁淑 | 韓国 | 16:44 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ